ワードプレスに移行が終了しました!細かい設定はこれからがんばります!

大学入学共通テスト受けてみた

どうも!高校生ブロガーのはるきちです!!旧センター模試、記念すべき大学入試共通テストを受けてみました。

目次

センター試験と共通テストの違い

問題の内容が、暗記だけでは解けないような問題になったようです。しかし、記述の問題はありません。今までと変わらず全問マークシートになります。あとは数1Aの試験時間が60分から70分に延長されます。

正直なところあまり大きい変化は感じられません。もしかしたら問題内容が大きく変わっているのかもしれませんが、センター試験の問題をといたことがないのであまり変化は感じることができなかったです。

共通テストを受けてみて

正直問題がめっちゃ多くて、時間も長かったので大変でした。特に英語が約2時間30分あって、地獄のような睡魔に襲われました。

問題に関しては、僕が受けた限り難しすぎる、簡単すぎるなどはなく程よい難しさの問題だったかな?とおもいます。

教室は綺麗でしたが、女子トイレがどこも並んでいました。テーマパークでもそうですが、女子トイレをもう少し増やしてあげて欲しいです。

試験会場の窓は常時少し開いており、少し寒かったです。上着を着てテストに挑んだので、少しゴワゴワしてやりにくかったです。

感染対策

共通テストでは、感染対策が行われていました。と言っても消毒液設置とマスク着用だけですが、、、席は長い机に真ん中開けて左右に1人ずつという感じでした。1部屋100人以上いたので感染対策は少し不安でした。

それと、休み時間は窓が全開でした。しっかり換気されてました。でもめっちゃさむかったです。それと、退場の時階段がとても密になってました。規制退場などしてくれたら良かったのになと思いました。

まとめ

問題が難しく、テスト時間も長いので途中で睡魔に襲われました。休み時間になにか眠気覚ましのようなものを持っていった方がいいかもしれません。

記念すべき第一回目の共通テストを受けれて良かったです!!今回はコロナウイルスも重なり、イレギュラーな形でのテストで下が、無事におわってよかったです。あとはクラスターが発生してないことを祈るのみです、、、

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる